Adobe Flash Player を取得

デザインフィルム

  • 断熱遮熱フィルム
  • 飛散防止フィルム
  • 貫通防止フィルム
  • デザインフィルム
  • 会社概要
  • お見積り
  • お問い合わせ
  • 施工について
  • Q&A
  • フィルム販売
  • 法人・個人事業主の方
窓のプライバシー保護が問題

プライバシー保護とデザインを手軽に。

窓ガラスにおけるプライバシー対策をにするには、カーテンやブラインドを用いるのが主流ですが、場合によっては常にそれらを閉めておかなければならないような状況に置かれる事もあり、室内を明るく保ちたい時には困ってしまいます。

目隠しフィルムを窓ガラスの上から貼るだけで、明るさを保ちつつ手軽にプライバシー保護ができますし、デザイン用のフィルムであれば、ガラスへのコーディネートを自由に楽しむ事も可能です。

目隠しにおける採光の問題を解決

外からの視線を遮りたくても、カーテンやブラインドをすると暗くなりがち…。
室内を「暗くせずに目隠しがしたい」といった場合には、すりガラス(くもりガラス)タイプのフィルムがおすすめです。

フィルム表面のマット加工された部分で光を拡散し視線をさえぎるので、カーテンやブラインドと違い、室内にも柔らかな光を十分に取り込む事ができます。

明るさを保ちつつ、簡単かつ効果的に目隠しができるので、窓ガラスだけでなく、ドアや間仕切りのガラスなど幅広く使用されています。

また、省エネ用のフィルムでも特に反射の強いタイプは、「鏡」のようになるので、日中は簡易的な目隠し効果が発揮されます。
適度に光も入り、かつ室内側からは外も見えるので、すりガラスタイプと比べて閉塞感を感じずに済みます。

ただし、夜間室内で電気を付けた場合は、内外の効果が逆転するので、要注意です。

  • 熱移動イメージ
  • 熱移動イメージ
サーモグラフィーの熱侵入イメージ

向かって右側が反射タイプの省エネ用フィルムを貼り付けたガラス。
鏡のようになって、内側が見え難くなっています。

PAGE TOP