Adobe Flash Player を取得

窓のプライバシー保護とデザイン

  • 断熱遮熱フィルム
  • 飛散防止フィルム
  • 貫通防止フィルム
  • デザインフィルム
  • 会社概要
  • お見積り
  • お問い合わせ
  • 施工について
  • Q&A
  • フィルム販売
  • 法人・個人事業主の方
窓のプライバシー保護が問題

変化したプライバシー保護の考え方。

居住空間においてのプライバシー侵害は、今や社会的な問題にもなっています。

自宅目の前の何も無かったところに突如マンションやアパートが建った。家を建てたら、実は通りから丸見えだったなど、頭を悩ませている人々が多々いるようです。

時代と共に変化するプライバシー保護への考え方に対応するべく法改正も行われ、それに伴う対策もとられるようになってきています。

しかし、こういった事がかえってトラブルを引き起こし、訴訟にまで発展してしまうケースもあるので、一層慎重にならざるを得なくなっている現状があります。

 

窓におけるプライバシートラブル

窓から燐家の室内が見えてしまったり、逆に隣家から自宅の室内が見えてしまって、お互い気まずい思いをした事がある。という方もいるかと思います。

気まずいくらいならまだ良いのですが、目隠しを巡ってトラブルに発展するケースも近年増加傾向にあり、開口部への対策に注目が集まってきています。

【建築におけるプライバシー保護の考え方】

■民法 第二百三十四条
建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の距離を保たなければならない。
<第二項>
前項の規定に違反して建築をしようとする者があるときは、隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることができる。ただし、建築に着手した時から一年を経過し、又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求のみをすることができる。
■民法 第二百三十五条
境界線から一メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項において同じ。)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。
<第二項>
前項の距離は、窓又は縁側の最も隣地に近い点から垂直線によって境界線に至るまでを測定して算出する。(境界線付近の建築に関する慣習)
■民法 第二百三十六条
前二条の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。
ちょっとした窓からの露出

他の人が意図せずとも部屋の中が見えてしまう事も・・・。

PAGE TOP